人工RNA分子により動的な遺伝子発現制御を実現する「非組換えRNA技術」体系の構築

遠藤 慧
(京都大学iPS細胞研究所 初期化機構研究部門 特定研究員) ※現職 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻 生命分子遺伝学分野 助教

個人ウェブサイト: https://goo.gl/MJhsCQ

2014年11月10日月曜日

論文紹介記事が掲載されました

Nature Methods 誌今月号の News and Views に論文紹介記事が掲載されました。

“Expanding the synthetic ribonucleoprotein world in cells”
Kei Endo, Callum Parr & Hirohide Saito
Nature Methods 11(11): 1105–1106 (2014)

Pubmed の登録情報によると10月30日公開のようですので、だいぶ報告が遅れてしまいました。

今回は、自分の研究結果を報告した論文を紹介してもらったのではなくて、他の研究者の論文を紹介する記事になります。紹介した論文は、同じ号に掲載されている以下の Full Article です。

“A general design strategy for protein-responsive riboswitches in mammalian cells”
Simon Ausländer, Pascal Stücheli, Charlotte Rehm, David Ausländer, Jörg S Hartig & Martin Fussenegger
Nature Methods 11(11): 1154–1160 (2014)

責任著者の Fussenegger 教授はスイスの ETH Zurich にいる合成生物学分野の世界的な大家の一人で、毎年毎年何報もトップジャーナルに論文を報告しています。あやかりたいというか、見習わないといけないです。


今回、このような論文の紹介記事を書くのは初めてだったので、なかなか貴重な経験をすることができました。

が、研究者としては、むしろ他の研究者に紹介してもらえるような論文を自分が書かないといけないですよね。

2014年11月7日金曜日

上京物語

長らくご無沙汰になってしまいました。
なにかとバタバタしているうちに3ヶ月。一年の4分の1がすぎてしまい、今年も残すところわずかです。

突然の報告になってしまいましたが、このたび東京大学で助教のポストを得ることができ、先月末に京都を離れて、今月から東京に引っ越してきました。いや、実際には東京ではなくて、千葉県柏市にある東大の柏キャンパスというところです。言ってみれば、東京ディズニーランドと同じような感じですかね。

高校を卒業してから大学、大学院と10年間ほど東京に住んでいました。先月末の引っ越しのとき、新幹線から有楽町駅の東側に有楽町マルイと東京交通会館、さらにその奥にプランタン銀座が見えたとき、

   おぉぉぉ、東京に帰ってきたんだなぁ…

と、なんだかちょっぴり感動的な気持ちになりました。
京都で働いていた頃も、年に1、2度は東京に出張することがあったのですが、そういったときは特に何の感慨もわかなかったのに不思議なものです。


東京大学で博士号を取得してから、京都で研究員として働く機会をいただけました。都合4年半京都で働いていたことになります。この間に一度所属が変わったのですが、上司だった齊藤博英先生の独立に伴った異動でした。というわけで、2ポスドクとまでは言い切れず、だいたい1.5ポスドクの経験といったところでしょうか。京都での研究生活では、大学院時代に経験できなかった多くの大切なことを学べたと思います。

後半に所属していた京都大学 iPS細胞研究所は、とても新しくて今も勢いよく発展している研究所です。ノーベル賞を受賞された山中伸弥教授が所長を務めていらっしゃるので、ご存知の方も多いかもしれません。

この研究所では、研究室の間に間仕切りがなく、大広間に実験机とデスクが並んでいます(オープンラボと呼んでいます)。隣の席は隣の研究室の学生だったり、同じような立場のポスドクだったりしました。最初の頃はこのようなオープンラボにも違和感があったのですが、わりとすぐに慣れてしまい、むしろ幅広いバックグラウンドをもった多くの人たちと日常的に交流できることが非常に魅力的でした。この研究所での3年間は、とてもかけがえのない経験で、今後の研究者人生にとって大きな財産になったと思います。

京都でお世話になった皆様、本当にありがとうございました。


さてさて、新しい所属は、
 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカルゲノム専攻
といって、とても名称が長くて、こちらもなんだか現代的な響きの部局です。

とはいえ、大学院の頃にお世話になった准教授の先生が独立された研究室なので、いわば古巣のような研究室でもあります。今回、新しい研究室に移り、また大学教員という新しい立場になったこともあって、今後より一層研究に励もうと気持ちを引き締めているところです。

まだまだ若輩者ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。


今回、京都から東京へ移動したことを「上京(じょうきょう)」物語にしちゃいましたが、正しかったでしょうか。本来はむしろ「下向」物語にするべきなのかな、と思ってみたり。