人工RNA分子により動的な遺伝子発現制御を実現する「非組換えRNA技術」体系の構築

遠藤 慧
(京都大学iPS細胞研究所 初期化機構研究部門 特定研究員) ※現職 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻 生命分子遺伝学分野 助教

個人ウェブサイト: https://goo.gl/MJhsCQ

2014年11月7日金曜日

上京物語

長らくご無沙汰になってしまいました。
なにかとバタバタしているうちに3ヶ月。一年の4分の1がすぎてしまい、今年も残すところわずかです。

突然の報告になってしまいましたが、このたび東京大学で助教のポストを得ることができ、先月末に京都を離れて、今月から東京に引っ越してきました。いや、実際には東京ではなくて、千葉県柏市にある東大の柏キャンパスというところです。言ってみれば、東京ディズニーランドと同じような感じですかね。

高校を卒業してから大学、大学院と10年間ほど東京に住んでいました。先月末の引っ越しのとき、新幹線から有楽町駅の東側に有楽町マルイと東京交通会館、さらにその奥にプランタン銀座が見えたとき、

   おぉぉぉ、東京に帰ってきたんだなぁ…

と、なんだかちょっぴり感動的な気持ちになりました。
京都で働いていた頃も、年に1、2度は東京に出張することがあったのですが、そういったときは特に何の感慨もわかなかったのに不思議なものです。


東京大学で博士号を取得してから、京都で研究員として働く機会をいただけました。都合4年半京都で働いていたことになります。この間に一度所属が変わったのですが、上司だった齊藤博英先生の独立に伴った異動でした。というわけで、2ポスドクとまでは言い切れず、だいたい1.5ポスドクの経験といったところでしょうか。京都での研究生活では、大学院時代に経験できなかった多くの大切なことを学べたと思います。

後半に所属していた京都大学 iPS細胞研究所は、とても新しくて今も勢いよく発展している研究所です。ノーベル賞を受賞された山中伸弥教授が所長を務めていらっしゃるので、ご存知の方も多いかもしれません。

この研究所では、研究室の間に間仕切りがなく、大広間に実験机とデスクが並んでいます(オープンラボと呼んでいます)。隣の席は隣の研究室の学生だったり、同じような立場のポスドクだったりしました。最初の頃はこのようなオープンラボにも違和感があったのですが、わりとすぐに慣れてしまい、むしろ幅広いバックグラウンドをもった多くの人たちと日常的に交流できることが非常に魅力的でした。この研究所での3年間は、とてもかけがえのない経験で、今後の研究者人生にとって大きな財産になったと思います。

京都でお世話になった皆様、本当にありがとうございました。


さてさて、新しい所属は、
 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカルゲノム専攻
といって、とても名称が長くて、こちらもなんだか現代的な響きの部局です。

とはいえ、大学院の頃にお世話になった准教授の先生が独立された研究室なので、いわば古巣のような研究室でもあります。今回、新しい研究室に移り、また大学教員という新しい立場になったこともあって、今後より一層研究に励もうと気持ちを引き締めているところです。

まだまだ若輩者ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。


今回、京都から東京へ移動したことを「上京(じょうきょう)」物語にしちゃいましたが、正しかったでしょうか。本来はむしろ「下向」物語にするべきなのかな、と思ってみたり。

4 件のコメント:

  1. 小倉(ジャパンプライズ)2014年11月11日 10:21

    おかえりなさいっ!落ち着いたら財団にも遊びに来てください。

    以前、京都新聞の記者さんが現在の皇居は陛下の仮住まいで、いずれは京都に戻ってくるのだと言っていました。本気かも知れないと思って突っ込めませんでしたが(笑)

    肩書変更、督促していますので少々お待ちください。

    返信削除
    返信
    1. ぜひ財団にも遊びにいきたいです。六本木あたりですよね。きっと仕事で白金台のキャンパスに行く機会が少しはあるはず、、、です。

      肩書きも変更されていました。ありがとうございました。

      削除
  2. 遠藤先生
    京都の人は皆、「都落ち」と表現しますね。いろんな感情が入り混じっていて面白いと思います。
    新職場での研究頑張って下さい。環境が変わる事で人間の力は20%アップすると昔聞いた事があります。
    ストレスというか、良い意味での緊張感が常にある事が、能力発揮には重要だと思うので、ある意味チャンスなのではないでしょうか?同時に京都の経験もきっと活かせると思います。頑張ってください。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。

      確かに環境の変化は大切だと感じます。もっともそんな経験はまだ少ないですが、、、思ってもみなかったことを意識させられたり、なんとなく当たり前だと思っていたことを改めて確認させられたり、忘れていたことを思い出させられたり、刺激的というか活性化している感じがします。頭の中をリセットするというか、リフレッシュする効果もありそうです。今後も緊張感を維持しつつ、様々なことにチャレンジしていきたいです。

      削除