人工RNA分子により動的な遺伝子発現制御を実現する「非組換えRNA技術」体系の構築

遠藤 慧
(京都大学iPS細胞研究所 初期化機構研究部門 特定研究員) ※現職 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻 生命分子遺伝学分野 助教

個人ウェブサイト: https://goo.gl/MJhsCQ

2014年11月10日月曜日

論文紹介記事が掲載されました

Nature Methods 誌今月号の News and Views に論文紹介記事が掲載されました。

“Expanding the synthetic ribonucleoprotein world in cells”
Kei Endo, Callum Parr & Hirohide Saito
Nature Methods 11(11): 1105–1106 (2014)

Pubmed の登録情報によると10月30日公開のようですので、だいぶ報告が遅れてしまいました。

今回は、自分の研究結果を報告した論文を紹介してもらったのではなくて、他の研究者の論文を紹介する記事になります。紹介した論文は、同じ号に掲載されている以下の Full Article です。

“A general design strategy for protein-responsive riboswitches in mammalian cells”
Simon Ausländer, Pascal Stücheli, Charlotte Rehm, David Ausländer, Jörg S Hartig & Martin Fussenegger
Nature Methods 11(11): 1154–1160 (2014)

責任著者の Fussenegger 教授はスイスの ETH Zurich にいる合成生物学分野の世界的な大家の一人で、毎年毎年何報もトップジャーナルに論文を報告しています。あやかりたいというか、見習わないといけないです。


今回、このような論文の紹介記事を書くのは初めてだったので、なかなか貴重な経験をすることができました。

が、研究者としては、むしろ他の研究者に紹介してもらえるような論文を自分が書かないといけないですよね。

4 件のコメント:

  1. 論文紹介ですか。なるほど。。。と、すっ呆けたコメントを書かざるを得ない、中原です。
    この世界に触れた事がなかったのですが、確かに論文紹介という役割というか、ニーズはありますね。
    先生もおっしゃっているように、紹介されるような論文を書いてくださいね

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。

      研究論文はかなり狭い専門分野を理解している人向けだったりするので、もうちょっと広い分野の人にもわかりやすく紹介する、というコンセプトなんだと思います。

      削除
  2. 分子科学研究所の村木です。
    論文紹介記事を書いて欲しいって依頼が来るって凄いですよ〜。編集者が遠藤さんなら論文の紹介するのに適任って思って連絡をしてきたんですから。
    ただ、実名で他人の論文についてコメントを出すわけなので、気をつかいそうですが、いかがでしたか?

    返信削除
    返信
    1. お久しぶりです。コメントありがとうございました。

      紹介記事を書いたといっても、編集者が連絡してきたのは上司の齊藤先生なので、僕に直接依頼があったわけじゃないんです。このような依頼をされるような研究者になりたいものですね。

      確かに内容には気を使ったかもしれません。該当の論文を正しく理解できているかとか、過去の研究の経緯とその論文の新規性をちゃんと評価できているかとか。研究論文を書くときも同様でしょうけど、自分の研究とはだいぶ勝手が違う気がしました。あとは、せっかくの機会なので、なるべく自分の研究の宣伝も盛り込んでやりたいな、と。

      削除